料理初心者向けフレンチレシピ集!公式LINE登録で無料でプレゼント! 詳しくはこちら

【料理初心者必見!野菜を色鮮やかに茹でる方法】

  • URL Copied!

こんにちは。

 

料理初心者の悩み事として、

野菜が綺麗に、

彩り良く茹でられない!

 

そういったお悩みがありますよね?

 

 

今日はインゲンなどの野菜を色よくゆで上げる方法をご紹介します。

 

簡潔にいうと、

 

沸騰したお湯の中に塩を入れて茹でる!

これだけです!

 

でもおそらく、

『そんなの知ってるよ!』

っという方もいるかと思います。

 

ただ意外とレシピ本を見てても、

正しい水の量と、塩の量

が書いてあるものは少ないです。

 

今日は細かいところまで見ていきましょう!

 

あわせて読みたい
メニュー(献立)は〇〇を身に付けて楽に決めよう
メニュー(献立)は〇〇を身に付けて楽に決めようこんにちは!本日はメニュー(献立決め)についてです! 日々の献立作り、大変ですよね?ストレスを感じていませんか? 美味しいものが食べたい!っと思うけ...

 

目次

野菜は新鮮であること!

色鮮やかに茹でる前に、

まずはその野菜が新鮮であることが大切です。

スーパーなどで売られている野菜は、

 

最低でも2日は経過しているでしょう。

 

もし可能なら、野菜の直売所などで購入した方が栄養価も損なわれず、

野菜本来の風味も残ったまま食べることができるでしょう。

 

茹で方を勉強する前に、新鮮な野菜はそのままでも柔らかいものだということを覚えておきましょう。

 

こちらでは新鮮な野菜を初回のみ13種類¥1980円で配送してくれるそうです!👇

 

茹ですぎない

沸騰したお湯でさっと茹でた野菜は鮮やかな緑色になります。

でもたまに見かける、茹ですぎた野菜は茶色がかった緑色になっていると思います。

それは、

ポルフィリン基であるクロロフィル分子は……酸性でマグネシウム原子がイオンとなり……

さまざまな構成物……波長の混合…反射した色が見える。。………。

 

理解できる方には理解できると思います。

 

私は出来ませんでした(笑)

 

化学的なお話で、

ややこしいお話になるので割愛します!

 

要は野菜の中で化学変化が起こっています。

 

茹ですぎると、

色鮮やかになる成分が変形して、

茶色がかった色に見える成分が発生

するということです。

 

野菜は長時間茹でずに、強火で短時間で茹でる事!

 

塩の量も大事

今は色々なレシピ本が出版、

ネットでも星の数ほどの料理の作り方を見ることが出来ます。

 

でも野菜を茹でる際の塩分量まで記載してあるレシピは少ないです。

 

結論から言うと、

 

1.3%の塩分で茹で、1%の氷水で冷やす。

 

数値にすると、

 

1リットルのお湯に13gの塩で茹で、1リットルの氷水に10gの塩を溶かしたもので冷やす!

 

これはインゲンや絹さや、スナップエンドウなどを茹でる場合です。

 

茹で上がった後、氷水に入れることでそれ以上の加熱が止まり、色鮮やかになります。

 

その氷水に塩分があることで、

塩の効果で野菜本来の旨味が溶け出ることなく中にとどまります。

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

 

今までただ茹でていた野菜が、

塩をしっかり加えること、

適正な量の塩を加えることで、見た目も味も最高に仕上がります。

 

もうそれだけで一皿が完成してしまうくらい野菜の力は偉大です!

サラダ, 果物, ベリー, 健康, ビタミン, 新鮮, 食品, ベジタリアン

野菜によって、茹でる前の処理、

茹でた後の処理は変わっていきますのでゆっくり勉強していきましょう!

 

更に知りたいと思った方はこちら↓

皆さん野菜ソムリエって聞いたことありますよね?

 

認知度85%以上と食の資格の中でもトップクラスの人気資格である野菜ソムリエのことです!

 

 

無料体験、説明会があります!

 

今はコロナ禍ですのでzoomで参加可能!

 

先輩野菜ソムリエの声も聴けるチャンスですので是非参加しましょう!

 

こちらからどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

シェフについて

こんにちは。このサイトでは主に古典的なフランス料理を中心に発信していきます!
フランス料理はなかなか堅苦しいイメージが取り払われないジャンル!
だからこそわかりやすく発信したいと思います。

簡単に僕の経歴が↓
19歳から25歳 
都内の五つ星ホテルに就職
25歳から30歳まで。
渡仏し、ミシュランレストランで働きながら、身体でフランス文化を体験する。
30歳から33歳まで。
都内のラグジュアリーホテルで副料理長を経験する。
現在は都内のビュッフェレストランに勤務。



noteでは地球環境を考えた食材のレシピを発信します。

https://note.com/metarial2000

YouTubeではフランス料理を中心としたレシピをご紹介!
https://bit.ly/2XEAQuu

目次
閉じる