料理初心者向けフレンチレシピ集!公式LINE登録で無料でプレゼント! 詳しくはこちら

アペリティフ(apéritif)とは?

  • URL Copied!

こんにちは、naoです。

 

今日はレストランに行き、席に着いたら一番最初に聞かれる用語の説明です!

 

席に着いたら…。

 

食前酒(もしくはアペリティフ)はいかがなさいますか?

っと聞かれると思います。

ここでスムーズに答えて、同席の方に余裕を見せましょう!

 

今日のフレンチ用語はアペリティフです!

 

日本語で食前酒ですね!食欲を増進させるためのものです!

目次

基本的な食前酒

  1. シャンパーニュ(champagnes )
  2. キール(Kir)
  3. キール ロワイヤル(kir Royal)
  4. キール アンペリアル(Kir Imperial)
  5. ミモザ (Mimosa)
  6. スプリッツァー(spritzer)

この他にレストランによってはビールや、クラフトビールなどがある場合もあります。

 

シャンパーニュ(champagne )

食前酒, ドリンク, ガラス, プロセッコ, ワイン, アルコール

これは食前酒として人気No.1ですね!炭酸の入った発泡性のワインです!

きめ細かい気泡が胃を刺激して、食欲を増進させてくれます。

僕も大好きですが、一杯のお値段もそれなりにしますね!

キール(Kir)

こちらは女性に人気のカクテル!

世界でも人気No.1のカクテルです!

 

辛口の白ワインと黒すぐりのリキュール(クレームドカシス)を混ぜたもの。

 

パーティーにはピッタリの華やかさ!

キール ロワイヤル(kir Royal)

カクテル キールロワイヤル - キールロワイヤル ストックフォトと画像

こちらも名前は似ていますね。

中身は黒すぐりのリキュール(クレームドカシス)

とスパークリングワインです。

 

スパークリングワインが入ることによって、変わるよりも爽やかさがプラスされます!

キール アンペリアル(Kir Imperial)

キルロイヤル シャンパンカクテル - キールロワイヤル ストックフォトと画像

こちらも女性に人気!

スパークリングワインとクレームドフランボワーズのリキュールを合わせたカクテルです!

見た目が華やかで、サッパリ頂けます!

ミモザ (Mimosa)

スパークリングワインとオレンジジュースを合わせたカクテル!

色合いが「ミモザ」の花に似ていることからこの名前が付けられました!

スプリッツァー(spritzer)

水, ミネラルウォーター, 炭酸, ガラス, ドリンク, 透明, のどの渇き

オーストリア生まれのカクテル!

内容は炭酸ソーダと白ワイン!

非常に爽やかな喉越しの魅力があります。

 

色々な種類がありますが、まずは自分の好みを見つけましょう!

たくさん試して、味、見た目などお気に入りを探してみてください!

アペリティフの楽しみ方

食前酒, ドリンク, シャンパン, アルコール, ガラス, プロセッコ

フランスのアペリティフは二つの楽しみ方があります。

 

まずはレストランでの楽しみ方!

 

一番最初に聞かれる事ですので、日本で言うと

 

「まずは一杯!」

 

っという役目!その後メニューを渡されると思います。

 

一杯飲みながら、着席し、メニューを見ながらその日食べたいものをゆっくり決めていきます!

鴨肉のパテアンクルート

レストランにもよりますが、

おつまみ(amuseアミューズといいます)も一緒に出されるはずです!

好きな食材を、好きなように選んで優雅にメニューを決めていきましょう!

 

僕はメニューを決めずに、アペリティフだけで1時間くらい楽しんでしまったこともあります(笑)

食前酒, ワイン, ドリンク, ガラス, 静物, テーブル, アルコール

パーティーやご家庭での楽しみ方

こちらはレストランの楽しみ方と似ていますが、

違いはメニューがないのと、時間が長い事ですね!

テーブル, クリスマス, 食事, ごちそう, 装飾, 贈り物, 料理, プレート

現地では初夏の気候が良い時や、夏などは庭で開催することが多いですね!

 

おつまみを取りながら、近況を報告して楽しい時を過ごします!

 

今はコロナの影響でなかなか人が集まらないかと思います!

 

夏にはそんな状況が緩和されるように今だけ頑張りましょう!

ソーセージ, 食べる, テロワール, 食前酒, 木製ボード, ポット, ガラス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

シェフについて

こんにちは。このサイトでは主に古典的なフランス料理を中心に発信していきます!
フランス料理はなかなか堅苦しいイメージが取り払われないジャンル!
だからこそわかりやすく発信したいと思います。

簡単に僕の経歴が↓
19歳から25歳 
都内の五つ星ホテルに就職
25歳から30歳まで。
渡仏し、ミシュランレストランで働きながら、身体でフランス文化を体験する。
30歳から33歳まで。
都内のラグジュアリーホテルで副料理長を経験する。
現在は都内のビュッフェレストランに勤務。



noteでは地球環境を考えた食材のレシピを発信します。

https://note.com/metarial2000

YouTubeではフランス料理を中心としたレシピをご紹介!
https://bit.ly/2XEAQuu

目次
閉じる