MENU
Amazonから家庭で役立つ料理ノート発売中 今よりも家の料理を美味しくしたい人はこちら!

暑い夏にぴったり!爽やかフランス料理5選

  • URL Copied!

こんにちは!

夏の暑さが厳しいこの季節、みなさんはどんな食事を楽しんでいますか?

暑い日には、冷たくてさっぱりとした料理が食べたくなりますよね。

そこで今回は、暑い夏にぴったりのフランス料理をご紹介します。おうちで簡単に作れるレシピもありますので、ぜひ試してみてください!

1. ヴィシソワーズ (Vichyssoise)

まず最初にご紹介するのは、冷製ポタージュスープのヴィシソワーズです。じゃがいもとポロネギを使ったクリーミーなスープは、冷やして食べるととても爽やかです。濃厚でありながらも口当たりが軽く、暑い日のランチにぴったりです。

クリーミーで爽やか!ヴィシソワーズをおうちで簡単に!

2. サラダ・ニソワーズ (Salade Niçoise)

南フランスのニース地方の名物サラダ、サラダ・ニソワーズはいかがでしょうか?新鮮なトマト、ゆで卵、オリーブ、アンチョビ、ツナ、じゃがいも、インゲンなどが入ったボリューム満点のサラダです。カラフルな見た目も食欲をそそります。

3. ガスパチョ (Gazpacho)

スペイン発祥のガスパチョもフランスで広く楽しまれている冷製スープの一つです。トマト、ピーマン、キュウリ、玉ねぎ、ガーリックなどを使ったさっぱりとしたスープで、夏野菜のフレッシュな味わいが楽しめます。前菜としてもおすすめです。

4. ラタトゥイユ (Ratatouille)

南仏プロヴァンス地方の野菜の煮込み料理、ラタトゥイユは、夏野菜をたっぷり使ったヘルシーな一品です。冷やしてもおいしく食べられるため、暑い日にも最適です。バゲットやパスタと一緒に楽しんでみてください。

5. タルタルステーキ (Steak Tartare)

最後にご紹介するのは、タルタルステーキです。生の牛肉を細かく刻んで作るこの料理は、ケーパー、玉ねぎ、ピクルス、マスタード、卵黄などで味付けされ、冷たい状態で提供されます。暑い時にも食べやすい贅沢な一品です。

いかがでしたか?

暑い夏には、冷たくて爽やかなフランス料理で乗り切りましょう。ぜひ、これらの料理を試してみて、夏の食卓を彩ってください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

シェフについて

こんにちは。このサイトでは主に古典的なフランス料理を中心に発信していきます!
フランス料理はなかなか堅苦しいイメージが取り払われないジャンル!
だからこそわかりやすく発信したいと思います。

簡単に僕の経歴が↓
19歳から25歳 
都内の五つ星ホテルに就職
25歳から30歳まで。
渡仏し、ミシュランレストランで働きながら、身体でフランス文化を体験する。
30歳から33歳まで。
都内のラグジュアリーホテルで副料理長を経験する。
現在は都内のビュッフェレストランに勤務。



noteでは地球環境を考えた食材のレシピを発信します。

https://note.com/metarial2000

YouTubeではフランス料理を中心としたレシピをご紹介!
https://bit.ly/2XEAQuu

目次
閉じる