Amazonから電子書籍の予約販売開始しました! 予約はこちらから

どんな肉や魚でも、綺麗に焼くテクニック

  • URL Copied!

こんにちは!

あわせて読みたい
ついに始まります!オンラインレッスン講座配信します!
ついに始まります!オンラインレッスン講座配信します!お知らせ!こんにちは!平日はお仕事でお忙しいですよね? 『それでも美味しい料理が食べたい!』『家族に美味しい料理が食べさせてあげたいけど最近マンネリ化し...

いつも家で何かを焼く時、

こんな悩みがないですか?

 

『焼き色が綺麗につかない』

『なんかレストランで食べるより美味しくなさそう』

ここで、

『家だと火力が少ないから仕方ない!』

そんな言い訳しちゃってませんか?

 

実はそんなことはないんです!

 

フランス料理では

火力はそこまで関係ありません!

 

中華料理は別ですよ。

メチャクチャ強い火でチャーハンをあおっている光景が印象的ですよね。

あの火力は家庭では無理です!

 

料理ジャンルによって、

火力も変わってきます。

 

綺麗に焼く為のコツとしては、

『ジッと我慢する』

これだけです!

 

料理初心者の方は、

どうしても焦げるのが心配なのか、

焼いている最中の食材をひっくり返したりして、触りすぎの傾向にあります!

 

それをしてしまうと、

食材の表面が中途半端な焼き色のまま、

中にはどんどん火が入っていきます!

 

そして中はパサパサになってしまう!

 

そんな事を避ける為のポイントはこれです!

フライパンの上で、

【焼き色が付くまで動かさない!】

 

料理には思い切りが非常に大事です!

『少しくらい焼き色が付きすぎても大丈夫!』

それくらいの気持ちで、

じっくり待ってみて下さい!

 

香ばしくて、

レストランのような

『風味』が楽しめますよ!

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

シェフについて

こんにちは。このサイトでは主に古典的なフランス料理を中心に発信していきます!
フランス料理はなかなか堅苦しいイメージが取り払われないジャンル!
だからこそわかりやすく発信したいと思います。

簡単に僕の経歴が↓
19歳から25歳 
都内の五つ星ホテルに就職
25歳から30歳まで。
渡仏し、ミシュランレストランで働きながら、身体でフランス文化を体験する。
30歳から33歳まで。
都内のラグジュアリーホテルで副料理長を経験する。
現在は都内のビュッフェレストランに勤務。



noteでは地球環境を考えた食材のレシピを発信します。

https://note.com/metarial2000

YouTubeではフランス料理を中心としたレシピをご紹介!
https://bit.ly/2XEAQuu

目次
閉じる