Amazonから電子書籍の予約販売開始しました! 予約はこちらから

フランス料理のメニュー名のややこしさ

  • URL Copied!

こんにちは。Naoです。

皆さん、フランス料理店に入ってから、特に堅苦しいイメージを感じるときっていつですか?

一番はメニューを見て、何が食べたいか考えているときではないでしょうか?

その理由の中の一つはメニュー名が分からなすぎる!じゃないでしょうか?

『ポワレ』だとか『コンフィ』、はたまた『~風』とか。

 

たまに『~肉のジュを添えて』など、ジュってなんだ?

 

っと思う方もいらっしゃるかと思います。

 

フレンチに行きなれている人でもわからない人はいるのではないでしょうか?

 

当然ですね!わからなくて当たり前です。

 

ひとつひとつ丁寧に教えてくれるサービスマンがいれば問題ないかもしれませんが、

 

10個も20個も聞いていられませんよね?

 

『そんなの覚えていられないよ!』

そう思った方もいますよね?

 

 

このサイトでは一つ一つ解説していくつもりです。

 

一緒に勉強して、一緒にお食事する方にも是非教えてあげましょう!

 

もっと勉強したいと思う方はこちらの本でもお勉強出来ますよ!
新フランス料理用語辞典

 

 

 

 

今日のフレンチ用語はブール ノワゼット(Beurre Noisette)です。

Beurre バター

Noisetteヘーゼルナッツ

 

フランス語で二つつながったら、

ヘーゼルナッツのバター。

 

焦がしたバターの色がヘーゼルナッツに似ているからこう呼びます。焦がしバターのことですね。

 

今日はこちらを使用したシンプルな魚料理をご紹介します。

【イナダのムニエル ブールノワゼットのソース】

また新しい言葉が出てきましたね!はい、ムニエル(meuniere)です。

このムニエルという言葉は調理法の名前です。

基本的には魚に小麦粉をつけて、バターできつね色に焼き、焦がしバターソースをかけたものです。

用意するもの】  2人分

イナダ       300g

スナップエンドウ

オクラ

赤パプリカ

(お野菜の分量はお好みでご準備くださいね!)

小麦粉、塩     適量

【ソース材料】

バター 焼くときに使うバター用とソース用  90g

ケッパー                10g

レモン汁                20cc

詳しいレシピはこちら↓

【お魚ムニエルの基本】たった3つで極上ソースの完成!

ここまでご覧頂き、ありがとうございました!

また次回も美味しく、楽しく勉強しましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

シェフについて

こんにちは。このサイトでは主に古典的なフランス料理を中心に発信していきます!
フランス料理はなかなか堅苦しいイメージが取り払われないジャンル!
だからこそわかりやすく発信したいと思います。

簡単に僕の経歴が↓
19歳から25歳 
都内の五つ星ホテルに就職
25歳から30歳まで。
渡仏し、ミシュランレストランで働きながら、身体でフランス文化を体験する。
30歳から33歳まで。
都内のラグジュアリーホテルで副料理長を経験する。
現在は都内のビュッフェレストランに勤務。



noteでは地球環境を考えた食材のレシピを発信します。

https://note.com/metarial2000

YouTubeではフランス料理を中心としたレシピをご紹介!
https://bit.ly/2XEAQuu

目次
閉じる