Amazonから電子書籍の予約販売開始しました! 予約はこちらから

これから肉が食べれなくなるかも…?

  • URL Copied!

こんにちは、naoです。

 

今日は少し地球環境についてのお話ですね!

このブログでは基本的にフランス料理について書いています。

 

ですが、ジャンルはどうであれ日本人全員が知っておくべきことだと思うので、

この場を借りて発信させて頂きます。

 

確実にやってくる未来に向けて!

目次

肉が食べられなくなるとは?

今すぐではないので、肉好きな方はご安心を!

 

ただ近い将来、

植物性代替肉を食べる日も近いかもしれないとのこと!

 

植物性代替肉とは?

 

これは野菜や果物、豆やナッツなどから作り出されたものです!

 

よくスーパーでも『大豆ミート』として売り出されていますね!

 

他にも培養肉といって、動物の細胞から作り出される肉も研究中だそう!

 

通常ですと家畜を育てるには年数がかかります!

 

でもこの方法だと数か月で肉の塊を作り出すことができるそう!

 

なぜそんな技術が開発されているのか?

なぜ今のように肉が食べ続けられなくなるのかを説明しようかと思います!

 

人口は増え続けている

突然ですが、今の地球上の人口って知っていますか?

 

正解は

今この瞬間、2020/9/25で77億人です!

 

そして2050年!

今から30年後、100億人になると言われているんです!

日本では少子高齢化と言われていますが、

 

世界では人口は増え続けているんです!

 

人口が増えるとどうなるか?

単純に考えると、

その100億人分の食料が必要です!

 

人間は食べなくては生きていけませんからね!

 

そこで今日は肉のお話!

 

その人口が増えた分の肉は生産できるのか?

 

結論から言うと、

かなり厳しいとのお話でした!

 

場所がない

肉=牛や豚などの生き物です!

誰もが知っている事実ですが、

日本に住んで、日々の仕事に没頭していると忘れがちな事!

 

その肉となる動物達も、生きている以上は成長します。

 

その為には場所も必要です!

 

特に場所の面で、もう場所的な余力は残っていないそうです!

 

もし、今ある森林や山を全て牧場にするとします。

 

その為に森林伐採をするとどうなるか?

二酸化炭素を吸収してくれる植物が少なくなり、環境に悪い!

そんな問題も出てきます!

 

もう地球の規模的に限界を迎えています!

 

育てるにも水、食料は必要!

先述しましたが、今の人口は77億人

地球上の人間は一日に、

水  200億リットル

食料 10億トンを消費しているそうです!

 

では牛について見ていきましょう!

 

今地球上の牛は15億頭いるといわれています!

牛は一日に、

水    1700億リットル

食料   600億トンを消費しているそうです!

 

とんでもない数だと思いませんか?

 

これだけの水、食料を生み出すだけでも大変ですよね!

 

まとめ

 

フランス料理をやるにあたり、絶対に肉は欠かせません

 

この数百年の中で受け継がれてきた技術が途絶えるのはあまりにもったいない!

 

時代は移り変わるものだからしょうがないという意見もありますが、

 

どうでしょうか?

 

 

少しでも食肉の文化を残せるように、私たちが解決すべきことは沢山あります!

 

フードロスの削減、サスティナブルシーフード運動などです。

 

まずはご家庭での食材の扱い方から見直していきましょう!

セール品だからって、使いきれないくらい買ってないですか?

もらった食材を処理の仕方が分からないからといって、廃棄していないですか?

 

日本の年間のフードロスは620万トン

日本全国で、国民全員が毎日、茶わん一杯分のご飯を捨てている計算だそうです!

 

衝撃の数字ですよね?

 

今日は初めてこのブログで環境問題について触れてみたので、この辺で終わろうかと思います!

 

今後も不定期で、地球環境については書いていきます!

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

シェフについて

こんにちは。このサイトでは主に古典的なフランス料理を中心に発信していきます!
フランス料理はなかなか堅苦しいイメージが取り払われないジャンル!
だからこそわかりやすく発信したいと思います。

簡単に僕の経歴が↓
19歳から25歳 
都内の五つ星ホテルに就職
25歳から30歳まで。
渡仏し、ミシュランレストランで働きながら、身体でフランス文化を体験する。
30歳から33歳まで。
都内のラグジュアリーホテルで副料理長を経験する。
現在は都内のビュッフェレストランに勤務。



noteでは地球環境を考えた食材のレシピを発信します。

https://note.com/metarial2000

YouTubeではフランス料理を中心としたレシピをご紹介!
https://bit.ly/2XEAQuu

目次
閉じる