MENU
Amazonから家庭で役立つ料理ノート発売中 今よりも家の料理を美味しくしたい人はこちら!

鶏肉のバスク風煮込みを作ろう!動画と一緒に楽しむ絶品レシピ

  • URL Copied!

こんにちは、皆さん!

今回はフランスのバスク地方の伝統料理、

『鶏肉のバスク風煮込み』を紹介します。

この記事では、YouTube動画と合わせて、

レシピのポイントやバスク料理の魅力についてお話しします。ぜひ最後までお読みいただき、

動画もチェックしてくださいね!

 バスク風煮込みとは?

バスク風煮込みは、バスク地方特有のスパイスや野菜を使った料理です。

主にパプリカ、トマト、ピーマン、ニンニク、そして白ワインが使用され、これらが鶏肉と絶妙にマッチして豊かな風味を生み出します。

この料理はシンプルながらも深い味わいが楽しめるため、家庭でも手軽に作れる人気の一品です。

材料と準備

以下は、基本的な材料です。

詳細な分量や手順は、

YouTube動画をご覧ください。

【材料】2人分

鶏もも肉     1枚
生ハム切り落とし 30g
強力粉. 大さじ2
玉ねぎ      1/2個
ニンニク     1片
赤パプリカ    1/2個
白ワイン     40cc
トマト      1個

塩        適量
オリーブオイル  適量
パセリ      大さじ1

 

準備のポイント
– トマトは湯むきしておきましょう!仕上がりの口当たりが良くなります!
– 鶏肉を煮込む時間は最大20分!長すぎると鶏肉によっては形が崩れてしまいます。

 

バスク地方の魅力

バスク地方は、フランスとスペインの国境に位置する美食の地です。

新鮮な海産物や豊富な農産物を使った料理が特徴で、その一つがこのバスク風煮込みです。

この地方では、料理を通じて家族や友人と過ごす時間が大切にされており、この煮込み料理もまた、そんな温かいひとときを演出してくれます。

動画をチェック!

美味しさ保証!【バスク風チキン煮込み】を作ってみよう!

YouTube動画では、プロセスを詳しく解説しています。

映像を見ながら一緒に作ることで、初めての方でも安心して挑戦できます。

ぜひ動画を参考にしながら、美味しい鶏肉のバスク風煮込みを作ってみてくださいね!

まとめ

鶏肉のバスク風煮込みは、バスク地方の豊かな食文化を感じられる一品です。シンプルな材料と手順で、家族や友人と一緒に楽しめる料理を作りましょう。動画と合わせてぜひお試しください!

それでは、次回のレシピもお楽しみに!質問や感想があれば、公式LINEからお知らせくださいね。

公式LINEからのご質問はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

シェフについて

こんにちは。このサイトでは主に古典的なフランス料理を中心に発信していきます!
フランス料理はなかなか堅苦しいイメージが取り払われないジャンル!
だからこそわかりやすく発信したいと思います。

簡単に僕の経歴が↓
19歳から25歳 
都内の五つ星ホテルに就職
25歳から30歳まで。
渡仏し、ミシュランレストランで働きながら、身体でフランス文化を体験する。
30歳から33歳まで。
都内のラグジュアリーホテルで副料理長を経験する。
現在は都内のビュッフェレストランに勤務。



noteでは地球環境を考えた食材のレシピを発信します。

https://note.com/metarial2000

YouTubeではフランス料理を中心としたレシピをご紹介!
https://bit.ly/2XEAQuu

目次
閉じる